知多市 ぎっくり腰 掃除機をかけていたら痛くなった

◆ 70代 女性 知多市

◆ 症状
朝、掃除機をかけていたら、左腰にピキっとした痛みが走り、徐々に痛みが強くなってきた。
何もしていなくても痛い。
前かがみ、後ろに体を反らすのも痛い。
歩くのも痛く、腰を丸めた歩き方になる。

◆ 施術内容と経過
交通事故のダメージが残っているため、うつ伏せでの施術が出来ない状況。
施術ベッドに座ってもらい、動きやすい動きを探しながら、体のバランスを整えていく。
この時点で、歩き方が変わり、前屈、後屈も少し楽に。

ベッドに仰臥位で寝てもらう。
膝立検査で倒していくと、左に倒す動作で痛みが出る。
骨盤の調整を行うと、膝立検査での痛みは軽減。
起き上がって、歩行、前後屈などを確認すると、かなり楽になった。
肩甲骨の調整をして終了。

翌日、2回目
歩くのも楽になり、腰の痛みは、かなり軽減していた。

仰臥位で寝るのも問題なし。
体の捻じれを取り、骨盤の調整、足首の調整、肩甲骨の調整、首の調整。
施術後は、腰の痛みは、ほぼなくなった

◆ まとめ
この方は、以前も、ぎっくり腰で来られていた。
今回は、2年半ぶりの来院だったが、今までは、それほど調子を崩すことはなかったという。
寒くなってきて、体が固くなってきたために出た症状と思われる。

通常、ぎっくり腰は、3~5回くらい施術する必要がある。
74歳というお歳の割には、体の反応が良く、2回の施術で改善した。
素直な性格をされていて、体も柔軟性があるのだと思われる。

※結果には個人差があり、成果や成功を保証するものではありません

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加